カテゴリー
インターネット社会

スマホはどんなカタチに進化するのでしょう

2007年に発表・発売されたiPhoneに続いて、携帯電話は一気にスマートフォンに変化して行きました。その後、iPhoneも含めて画面は大きく写真は美しく変化しましたが、最初に比べて大型化したために、片手で画面全体を操作するのが難しくなってしまいました。

 

スマホは、このあと、どんなカタチに進化するのでしょうか。

 

既に、bluetoothによって時計やイヤホンと連動していますので、そのうちにスカウター型のヘッドマウントディスプレイが普及すれば、スマホの本体機能は、時計かイヤホンかスカウターのどれかに取って代わられてしまうかもしれません。つまり、現在のスマホ本体はなくなってしまうのでしょう。

f:id:webyarunen:20190106014232j:plain

スカウター型のヘッドマウントディスプレイ

 

もしかすると、テーマパークでよく見かける『耳付きキャップ』にスカウターをとりつけたようなカタチに変化するかもしれません。

f:id:webyarunen:20190106020316j:plain

耳付きキャップの例

 

あるいは、AIを使ったロボット技術が向上して、スマホがドラえもんや鉄腕アトムのような友達兼ボディガードのように変化するかもしれません。一緒にいるだけでなく、ピカチュウのように肩に乗せるタイプも生まれてくるかもしれません。

 

そんなことになっても、現在のスマホを使い続ける人も少なからず存在して、『板チョコかじってる』なんて言われるのかも知れませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です